• 2018/01/24 オススメ

    勉強したい人10000人、始める人100人、続ける人1人

  • オススメ

「学習は積み重ねが大事」
大人はみんなそう言うし、子どもたちだってそんなことは分かっている。頭では分かっていてもそれがどれだけ大変なことか。だって「積み重ねが大事」って言ってる大人ですら何かを継続してするのは難しいんですから。

勉強を始めることの大変さ

勉強したい人(勉強やろいうと思っている人)はたくさんいます。そのなかで実際に始める人はどのくらいいるでしょうか?

100人に1人と言われています。

勉強しようと思っている人が10000人いたとしたら、その中のたった100人だけが実際に始められる人なんです。

そんな少ないの?と思ったあなた!思い出してみてください。

  • いざ始めようと思ったのに、メールが来てついついそっちを見てしまう人
  • いざ始めようと思ったのに、なぜかケータイゲームを開いている人
  • いざ始めようと思ったのに、机の掃除が始まった人
  • いざ始めようと思ったのに、実行されない計画を立て始める人
  • いざ始めようと思ったのに、どういう勉強法でいくか考え始める人
  • いざ始めようと思ったのに、参考書選びから始まる人

いかがでしょう?実際に始めるって大変でしょ?(笑)

でも数々の誘惑に打ち勝って実際に勉強を始めたあなたはとても優秀です。これだけで100人のうちの1人になったのですから。

ちなみに僕は100人のうちの99人の方に入ります・・・情けないですが。

勉強を続けることの大変さ

さて、勉強を始めるという壁を乗り越えた人にはさらなる試練が待ち構えています。

勉強を続けるということ。

これもまた100人に1人と言われています。

つまり勉強をしようと思った人が10000人いたら、そのうちの1人だけが勉強を続けられる人ということです。

さぁ10000人に1人の人になりましょう!

って言うのは簡単なんですがね・・・(汗)

学習塾の存在意義

実際に勉強を始め、そして継続するということがどれだけ大変なことかご理解頂けたかと思います。

親であれば自分の子どもがその10000人に1人の人になってほしいと思うでしょう。でもそれを実行するのがとても難しい。

だから学習塾に入れる。

でも学習塾ってお金かかりますよね・・・。週1回、週2回、それでも結構な金額がかかります。

しかも週に1、2回通ったところで次の週まで家で勉強しなければ意味がない。塾で習ったことを1週間たって忘れたために、翌週また同じことを習う。それでどうやって成績が伸びるでしょうか?

僕がここの「定額個別の櫻學舎」という塾を立ちあげた理由がまさにここ。

ここから僕の独り言が始まります

学習塾のサービスとはなにか?

「塾のサービスは勉強を教えること」と捉えている人がいる。確かに間違ってはいないけど、決められた時間取りあえず勉強を教えてはい終わり!で果たしていいのだろうか。

僕が親ならお金を払ってるんだから目に見える点数や偏差値を上げてほしいと思う。

だから僕は、学習塾のサービスとは「何が何でも点数を上げること」と捉えている。逆に言えば、点数があげられなければやる意味がない。少なくとも僕はその覚悟を持ってやっている。

点数を上げるためには継続して勉強してもらうことが必要なのは上で述べた通り。でも塾のない日に継続して勉強してもらうことがどれだけ大変か、これまでの塾講師の経験でどれだけ思ったことかわからない。それもそのはず、だってそれができるのは10000人に1人らしいから。宿題を出すことはできる。でもその宿題をどのようにやるか、塾で習っていない他の教科はどう進めるのだろうか。

だったら子供たちがやることはただ一つ、「通うこと」だけにしよう。

というか通わなきゃいけない状況を作る。個々人の目標を基にその日その日にやることをこちらが決める。あとはとにかく塾にくるだけ。

自習室を無料で提供している塾はたくさんある。いつ来てもいいですよ、と。でもそうじゃない。普段から自分で自習室に行ける子はかなり意識の高い子。でもそれがテスト前や受験前になると結構来る。不思議と自ら進んで自習室に来る子が増える。人間追い込まれると自ずとやるようになる。そして追い込まれたときにみんなが言うことはただ一つ。

「もっと前からやっておけばよかった」

だから僕は日々を追い込もうと思う。やらなければならないことがあるから、この日に君は来なければならない。そういう状況をつくることによって生徒は勝手に勉強する状況になっている。そして気が付くと勉強する習慣がついている。この塾は定額制を採用しているので、日曜日以外は毎日塾で授業を受けるんだけど、自習開放している日曜日もかなりの生徒が自習をしに来る。

そんな塾だから胸を張って言える。「全国で君らが一番勉強している」

それがこの定額個別の櫻學舎の存在意義であり、今後の学習塾のあるべき姿だと僕は思う。

これで僕の独り言が終わりました

急がずに、だが休まずに

Without haste , but without rest

ドイツの詩人ゲーテの言葉です。

 

「勉強やらなきゃ」という思いはあっても、何をどう始めればいいのか分からず、不安や焦りだけが先行しているあなたに一言。

Without haste , but without rest(急がずに、だが休まずに)

 

単語でも計算でも漢字でも、なんでもいいから始めましょう!

そして続けましょう!

 

本日もありがとうございました!
本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!疑問点があればいつでも質問してください!原則24時間以内には返信します!勉強以外の悩みでも、何でもご相談ください!
  

同カテゴリの記事